雨によるアンテナの劣化も電気工事業者にお任せ~その他の電気工事~

電気工事業者は様々な工事に対応してくれる

2人の作業員

電気工事業者は、家電に関する様々な工事を受け付けています。家電の調子が悪い場合、自分で電気工事を行なうと別の問題が起きる可能性があるため業者に依頼しましょう。

電気工事業者が作業内容


エアコンの取り外しと取り付けは自分でできますか?
エアコンの取り外しや取り付けを自分で行なうと間違った手順で作業をしてしまい、エアコンの破損や故障に繋がる可能性があります。また、エアコンは高い位置に取り付けるため、一人で作業したり取り付け経験のない人が作業をしたりすると、エアコンを落としたり、自分自身が転倒してしまったりという事故に繋がることがあります。そのようなことを避けるためには、丁寧に取り付けができる専門業者に取り外しと取り付けの依頼をした方がいいと思います。
換気扇の取り付けや交換は自分でできますか?
換気扇がコンセントタイプのものであれば自分で交換することは可能ですが、それ以外の電気配線の工事が必要な換気扇の場合、資格を持っている人でないと交換することはできません。電気工事が必要な換気扇を自分で交換すると、感電や漏電を起こしてしまう恐れがあるためとても危険です。換気扇の調子が悪いと感じた場合には、電気工事業者に修理してもらうことで改善できることもあります。換気扇の寿命の場合は別ですが、一度見てもらってから新しい換気扇に交換するか、修理してもらうか決めると良いです。
漏電が起きた場合は自分で対処できますか?
漏電が起きると漏電ブレーカーが落ちるので、まずはそこを確認してみましょう。漏電ブレーカーが落ちていることが確認できたら、分電盤のアンペアブレーカーが「入」の状態になっているかどうかを確認した後、安全ブレーカーを全て切っていきます。その後に漏電ブレーカーを入れて、次に安全ブレーカーを1つずつ入れていきますが、この作業のときに漏電遮断機が切れた場合、そこが漏電箇所ということになります。漏電していることが分かれば、電気工事業者にその旨を伝え、電気工事を依頼して適切な対応をしてもらいましょう。

雨が多いとテレビアンテナ工事が必要になる

住んでいる地域によってテレビアンテナに及ぶ被害内容やその頻度が異なります。雨風が多い地域のテレビアンテナは、どのような理由で工事が必要になるのか見ていきましょう。

雨が原因でアンテナ工事が必要?

雨風で電波が弱くなる
住宅の周りの環境が変わると電波の受信状態に悪影響が及ぶことがあります。新しく高い建物が建てられたり、高い木が植えられたりすることが電波の受信に影響が及ぶことがあるというのは多くの人が知っていると思いますが、実は天気によっても左右されるのです。くもりや雨の日などの天気が良くない日には電波の受信状況が一時的に悪くなることがあります。また、強風でアンテナが歪むことでも電波を受信することができなくなります。
雨による経年劣化
ブースターや分配器を住宅の外に取り付けている場合には、雨風にさらされてしまいます。雨は上からだけではなく、風によって横からも吹き付けることがあります。そのため、完全に雨を遮る場所に設置していない限り、雨の被害に遭い機械にトラブルが発生してしまいます。雨が多い地域ではそのような被害が多い分、テレビアンテナ工事を行なう頻度がどうしても多くなってしまうのです。
TOPボタン